MENU

【写真付】オカモト ベネトン1000-Xの口コミ体験

オカモト ベネトン1000-X

 

スタンダードなコンドームなのに、なんでこんな評価が高いのか?装着してみました。

 

Amazonでのユーザー評価

オカモト ベネトン1000-X星4.5獲得
評価数は49以上(2016年3月調査)

 

管理人の評価

オカモト ベネトン1000-X
装着がとてもスムーズ。ゴムもやわらかいくつけ心地が良い。
スタンダードなコンドームながら気持ち良い感覚もあった。

 

オカモト ベネトン1000-X

  • 装着のしやすさ、デザイン、つけ心地、安全性、価格、総合的に優れている
  • ゴム自体がやわらかく気持ちいい感触を受ける
  • 安いです
  • 安全性は高いです
  • 装着しやすくスルスルっと入ります

 

外観

オカモト ベネトン1000-X

カラフルな箱でおしゃれです。

 

スペック

オカモト ベネトン1000-X

メーカー オカモト
素材 天然ゴムラテックス
表面加工
ピンク・グリーン(2色)
潤滑剤 多め
サイズ 標準サイズ
直径

33mm

長さ -
厚さ -
価格

12個入 定価:1,080円
Amazonでは554円(調査時価格)でした。

 

パッケージ

オカモト ベネトン1000-X

開けやすいです。

 

オカモト ベネトン1000-X

 

オカモト ベネトン1000-X

ピングとグリーンの2色。
持ち歩くには露骨すぎる片面が透明になっている袋に入ってます。

 

オカモト ベネトン1000-X

 

オカモト ベネトン1000-X

↑女性側(オモテ)です。

 

オカモト ベネトン1000-X

 

オカモト ベネトン1000-X

↑男性側(ウラ)です。

 

空気入れ実験

空気を入れてみました。

 

オカモト ベネトン1000-X

この形が日本人ペニスには最もしっくりくるのではないでしょうか?

 

オカモト ベネトン1000-X

亀頭部の膨らみが程よいです。

 

オカモト ベネトン1000-X

薄く、軽く、やわらかく、形もフィットします。

 

装着した感想

総合的に抜け目のないコンドーム

 

ポピュラーなコンドームながら、装着のしやすさ、つけ心地、感度、安全性、コスパ、すべてにおいて優れているコンドームです。初めての使用にはこのスタンダードなコンドームがこれからコンドームを装着するにあたって、とても良い練習になるでしょう。今の時代、いろんなコンドームが販売されていますが、ベネトンのようなスタンダードタイプは基礎としておさえておきたいコンドームです。

 

オカモト ベネトン1000-Xのメリット
  • 空気抜きが必要だけど装着が妙に簡単でスルッとはいる
  • ゴムがやわらかくつけ心地がいい
  • ゴム臭が少ない
  • 表裏の印はないものの表裏がわかりやすい
  • スタンダードながら気持ち良い感覚を得られる
  • デザインがおしゃれでいやらしさを感じない

 

オカモト ベネトン1000-Xのデメリット
  • 袋の片面が半透明になっていて、コンドームがバッチリ見えてしまうところ

 

ユーザー評価・感想を踏まえると…

リピート購入するユーザーが多いコンドームでした。ひとことで言えば「無難」なコンドームです。装着、感度、安全性、男性女性両方ともに受けが良いコンドームです。
実際に私が装着してみても、バランスが非常に良いコンドームだなと感じました。

 

このような方におすすめです!
  • 初めてコンドームを使用する方
  • 総合的に安定感のあるコンドームをお求めの方
  • 女性(デザインがおしゃれ)
  • ゴム臭が少なめのコンドームをお求めの方
  • どのコンドームがいいのか?迷っている方

 

ロングセラー ポピュラーなコンドームで評価がとても高い!

オカモト ベネトン1000-X


このエントリーをはてなブックマークに追加   

管理人のつけ比べセット体験はこちら

素材3種つけ比べ


↑この違い知らないと気持ちよさで損するレベル



購入バレ誤って開封バレがない!購入方法

購入開封バレ防止


ジャンル別比較
フィット感+快感の27mm バリエーション多数!
Sサイズ比較 Mサイズ比較
標準サイズがキツイなら カリデカさんに対応
Lサイズ比較 XLサイズ比較
早漏対策&ロングプレイに 緊張状態でも装着できる
厚さ比較 初めて装着比較
生感覚は温もりよ! 可愛い!だけじゃないの
生の感覚比較 女性に人気比較
▽アイテムを使ってみる

Amazonアダルトグッズランキング


▽気持ちよさの視点を変えてみる

精力サプリでドバドバ出すというエロ賢い選択


このページの先頭へ