避妊の失敗事例と「もしも…」のときの緊急対策

避妊の失敗例と緊急対策 コンドームに関する知識

しっかり装着していれば、なんの問題なく避妊できるコンドーム。

しかし、ユーザー側の取り扱いによっては失敗することもあります。

ここでは、コンドームを装着したにも関わらず避妊に失敗する事例と、避妊に失敗したときの緊急対策についてお伝えしています。

コンドームを装着したけど避妊に失敗!その事例を5つ紹介

  • 装着時にオモテウラを間違え、先端に付着した微量の我慢汁が女性の体内に入った。
  • 空気を抱き込んでしまったことによる破れ
  • サイズが緩くて女性の中で外れてしまった
  • 爪などでコンドームにキズを付け、少量漏れてしまった
  • 射精後すぐ抜き取らなかったため、勃起がしぼんで液が漏れた

などなど。

コンドームは、取り扱いに注意が必要です。

よく「コンドームが破れた。」という口コミを目にしますが、ほとんどの場合は取り扱いの間違いによるものです。

失敗なくスマートにコンドームを装着する方法

動画:4分15秒
動画提供:NPO法人ピルコン

コンドームの正しい付け方の動画です。
今一度、コンドームの装着方法を確認しておきましょう。

覚えておくと安心!避妊に失敗したときの緊急対策

避妊に失敗してから72時間以内に、婦人科や産婦人科で処方される緊急避妊ピルを使うこと

緊急避妊ピルとは?

一般社団法人「日本家族計画協会」の緊急避妊Q&Aに掲載されていた情報を引用します。

緊急避妊とは、あなたが避妊をしないでセックスしてしまったとか、コンドームが破けるなど避妊の失敗が起こったなどの場合に、妊娠を防止するという方法です。

その最も一般的な方法が、緊急避妊ピルと呼ばれるものです。時には、子宮内避妊具も使用されることがあります。

すべての緊急避妊法は、無防備なセックスが行われた後、数日以内に行われなければなりません。

これは、大抵の女性にとって有効で安全な方法です。産婦人科医が、あなたにとって、最も適当と考えられる方法を選んでくれるはずです。

引用元:一般社団法人 日本家族計画協会

万が一のときのために、こういった方法もあることを知っておくと安心です。

詳しくは上記の引用元である日本家族計画協会の公式ページをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました