オカモト0.02ゼロツーのサイズから使用感までの口コミレビュー!

オカモト0.02ゼロツー Mサイズのコンドーム

薄さ0.02mm!

装着時の締め付け感がなく、素材がやわらかい。中のぬくもりやヒダの感触がそのまま伝わると噂の極薄コンドーム。

それが、オカモト0.02ゼロツー!

サガミオリジナル0.02より伸縮性があるので、装着感はオカモト0.02ゼロツーが上。ただし、サガミオリジナルより直径が3mm小さい点に注意です。

サイズが合っていれば、生っぽい感覚を得られます。

▼サイズ・直径 ▼オモテウラの記載
オカモト0.02ゼロツー個包装を開封 オカモト0.02ゼロツー個包装のオモテ側
レギュラー(Mサイズ)
直径:33mm
男性側の記載あり
▼薄さ ▼長さ
オカモト0.02ゼロツーの薄さ オカモト0.02ゼロツーの長さ
0.02mm台 約17.5cm

ポイントとなる部分は、以下5つです。

  • 均一な薄さ0.02mm
  • 素肌がスケて見える透明感
  • 熱が伝わりやすい素材
  • ゴム臭なし
  • 個包装に「男性側」の記載あり
管理人
こんどう君

それでは、まずスペックから見ていきましょう!

オカモト0.02ゼロツーのサイズ・厚さなどのスペック

オカモト0.02ゼロツー

サイズ レギュラー(Mサイズ)
直径 33mm
薄さ 0.02mm
長さ 約17.5cm
素材 水系ポリウレタン
表面加工
クリア
潤滑剤 普通
特徴 先端・中央・根元、均一な薄さ。素材がやわらかい
メーカー オカモト
参考価格 6個入:605円

▼このコンドームの通販価格や使った人の口コミはこちら

オカモト0.02ゼロツーのコンドーム本体がわかる!写真多めレビュー

オカモト0.02ゼロツーのパッケージ表面

オカモト0.02ゼロツーのパッケージは、シルバーを基調とした少し落ち着いた感じ。

オカモト0.02ゼロツーのパッケージ表面の文字

しかし、パッケージに貼ってあるステッカーの文字は激しかった…。

「激うす体験0.02ミリ」

管理人
こんどう君

何っ!激うすだと。生感覚を体験できるのかな?

先に結論を言うと、生感覚を得られます。
そして、安心の日本製。

オカモト0.02ゼロツーのパッケージウラ面

パッケージウラ面の説明も興味深い。
アップで見てみましょう。

オカモト0.02ゼロツーのパッケージウラ面のアップ

「気持ちいい!うすさ均一でやわらかい」

管理人
こんどう君

気持ちいいのか!?やわらかいって、どんなんだろう…。

先に結論を言うと、ツッパリ感のない装着感がある。これが、やわらかさのメリット。

そして、奥まで入れて入り口まで引き戻すときの気持ちよさがある。

ミーコ
ミーコ

いきなり質問ですけど「うすさ均一」って、どういうことなの?

オカモト0.02ゼロツーのうすさ均一

管理人
こんどう君

先端、中央、根元、どの部分も均一な薄さ0.02ミリ台ということ。

0.02ミリ台と「台」となっているのは、正確には0.02mmジャストではないから。

オカモトの公式サイトで確認すると

  • ボトム厚0.028ミリ
  • センター厚0.028ミリ
  • トップ厚0.027ミリ

↑限りなく0.03ミリに近いことがわかりました。

ちなみにライバルとなるサガミオリジナル002は、0.024ミリの薄さ。

なので、オカモト002の方が0.003〜0.004〜ミリほど厚いことになります。

ただ、コンマ3桁の違いをわかる男性はおそらくいないでしょう。

オカモト0.02ゼロツーのパッケージ横

パッケージは横から開けるタイプです。

オカモト0.02ゼロツーのパッケージを開封

パッケージを開封!

オカモト0.02ゼロツーの説明書

説明書も同梱。
装着方法も書いてあります。

オカモト0.02ゼロツーの個包装

これがオカモト0.02ゼロツーの個包装

オカモト0.02ゼロツー個包装のオモテ側

個包装には「男性側(ウラ)」の記載があります。

オカモト0.02ゼロツー個包装のウラ側

こっちの黒い面が、女性側(オモテ)です。

オカモト0.02ゼロツー個包装を開封

袋から取り出してみました。

管理人
こんどう君

おおっ、うっすいな〜!

オカモト0.02ゼロツーを手に取ったところ

リング部分は、少し固めです。

オカモト0.02ゼロツーのコンドーム本体

透き通るほどの薄さ!

ミーコ
ミーコ

エッろいわねぇ〜♪

オカモト0.02ゼロツーの形がわかる!空気入れ写真を公開

オカモト0.02ゼロツーに空気を入れたところ

管理人
こんどう君

うひょひょ!
うっすー!

スタンダードな形で色はクリアです。

サガミ002同様、向こう側の机の色がハッキリ見えてハンパなく薄いことがわかります。

オカモト0.02ゼロツーの先端

先端部分がこちら。
アップで見ても、確かに薄いな~という感じがわかります。

オカモト0.02ゼロツーの根元

根元部分は、ゴム製のようにピタッ!とした感じではありません。

オカモト002の素材はポリウレタンなので、締め付け感が少ないです。

ちなみに写真の空気入れ棒の直径は34.8mm。これに対しオカモト002の直径は33mmです。

オカモト002のアップ画像

潤滑剤が多いため多少ぼやけて見えますが、かなりの薄さです。

ミーコ
ミーコ

これだけ薄いと女性としては、ちょっと不安…。と言いつつ、興奮しちゃう♪

オカモト0.02ゼロツーのすべてがわかる動画レビュー

動画の内容がこちら

0:09​ オカモト002の特徴
0:49​ 装着イメージ
1:39​ サイズ
1:58​ 長さ
2:16​ 薄さ
2:27​ 素材の強さ・伸縮性
3:14​ 装着方法
4:26​ まとめ

オカモト0.02ゼロツーを装着した感想と私の評価

総合評価 4.5
使用感 5.0
装着のしやすさ 4.0
コスパ 4.0
評判 4.0
ゴム臭 なし
ミーコ
ミーコ

挿入中にイチモツの温かさを感じられるわ。ステキング♪

管理人
こんどう君

さすがにヒダの感触まではわからなかった。でも、膣内のあったか〜い感じはわかるよ。生に近い感じでGOOD!

ゴワゴワ感なく、きっちりフィット。かと言って締めつけ感はない。

装着すると、まぁエロいこと。自分のペニスがくっきり生々しく見えるんです。これだけで興奮!

実際使ってみてどうだったのか?

いつもより、5分ほど早くイカせていただきました。

オカモト0.02ゼロツーのメリット・デメリット

  • 挿入中、付けているか?不安になるほど薄い
  • 普通のコンドームより若干割高
  • 伸縮性が少ない
  • 袋に「男性側」の記載がある
  • 男女お互いに陰部のぬくもりを感じられる
  • 締めつけ感がない
  • 生っぽい感覚を得られる
  • ゴムの臭いゼロ

以上のことから、オカモト0.02ゼロツーはこんな人におすすめです!

管理人
こんどう君
  • 生の感覚を体験したい人
  • ゴムの臭いが苦手な人
  • 夜の生活がマンネリ化している人
  • ペニスの直径が33ミリ~35ミリ(太さ10.3㎝~10.9㎝)程度の人
  • 挿入中に勃起が萎えてしまう人

▼このコンドームの通販価格や使った人の口コミはこちら

オカモト0.02ゼロツーとサガミオリジナル002を比較!

オカモト0.02オカモト002 サガミオリジナル002
サガミオリジナル002
サイズ レギュラー
(Mサイズ)
レギュラー
(Mサイズ)
直径 33mm 36mm
厚さ 0.02mm台 0.02mm台
正確な厚さ 0.027〜0.028mm 0.024mm
長さ 約17.5cm 17cm
特徴 素材がやわらかい。先端〜根元まで薄さ均一 ブリスターパック(プラスチック薄型ケース)を採用
参考価格 20個入:2,297円 6個入:580円
1個あたり 114円 97円

明らかな違いは直径です。

オカモト002は、サガミオリジナル002より直径が3mm小さくなっています。

そのほか、コンドームの厚さも微妙に異なっています。

  • オカモト002→0.027〜0.028ミリ
  • サガミオリジナル002→0.024ミリ

サガミオリジナル002の方が、0.003〜0.004ミリほど薄いことになります。

ただ、これだけの微差なので実際のところ薄さの違いはわかりません。

オカモト0.02ゼロツーのレビューまとめ

オカモト0.02ゼロツー個包装を開封

  • 薄さ0.02mm
  • 直径33mm
  • 生っぽい感覚を得られる
  • ゴム臭なし
  • 個包装にオモテウラの記載あり

オカモト0.02ゼロツーは、Amazonでの評価数が900以上!しかも星4つの高評価を得ています。

装着した人すべてが満足いったわけではないですが、80%くらいの人は良かった!という反応でした。

普通のコンドームより若干割高ですが、それでも1個あたり97円ほど。

97円でいつもより気持ちよくなれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました