TENGAフリップゼロ グラビティのホワイト・ブラックを比較!どっちがおすすめ?

tengaフリップゼロ グラビティのホワイトとブラックを比較したところ アダルトグッズ

TENGAフリップゼロ グラビティのホワイトとブラック。

どう違うのか?
使うんだったらどっちが良いのか?

管理人
こんどう君

両方とも使用した私が、違いとおすすめを掲載していきます。

どちらを買おうか?迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

TENGAフリップゼロ グラビティのホワイトとブラックを9項目で比較!

ホワイトテンガ フリップゼロ グラビティ WHITEを手に持ったところ ブラックTENGAフリップゼロ グラビティBLACKを手に持ったところ
内部構造 ヒダヒダがメイン 突起物がメイン
ゲル素材 超軟質(やわらか) 高弾力(コリコリ)
締め付け ソフト ハード
刺激感 ヒダヒダ コリコリ
バキューム
高速ストローク
丸洗い
専用ケース
値段 9,350円 9,350円
おすすめ度 5.0 4.0

ホワイトとブラックの違いは、以下4つです。

  • 内部構造
  • ゲルの弾力性
  • 締め付け感
  • 刺激感

上の表を見る限り、締め付け・刺激の強いブラックが良いのでは?と感じますよね。

管理人
こんどう君

私も、使う前まではそう思っていました。

でも実際使ってみたら、私の場合はホワイトのほうが良かったです。

私のオススメは、ホワイト!

テンガ フリップゼロ グラビティ WHITEを使っているところ

ホワイトが良かった5つの理由
  • ヒダヒダ感が心地よい
  • じわじわ込み上げてくる感がよい
  • やさしく包まれる感がよい
  • 締め付けの強さがちょうどよい
  • タメにタメてフィニッシュできる

ホワイトを使ってみて「刺激が強けりゃいいってもんじゃない!」ってことを強く感じました。

やさしくヒダヒダを感じながら、ほどよく締め付けられる感。これがいいんですよ。

ただ、ブラックも悪くないですよ。

強い締め付け&コリコリするハード刺激が好きならブラックもありです。

私のおすすめはホワイト

 

ハード刺激が好みならブラック

それでは、ホワイトとブラックの違いを画像や写真を使ってもっと詳しく説明していきますね。

内部構造の違い

ホワイト

テンガ フリップゼロ GRAVITY WHITEの内部構造

ブラック

テンガ フリップゼロ GRAVITY BLACKの内部構造

ホワイトとブラックは、両方ともゲルのつくりが高密度になっており抵抗なくスムーズにピストンできる点は同じ。

でも、ゲルの凹凸感やヒダヒダ感がまるで違います。

ゲルの違い

ホワイトは、超軟質ゲル

テンガ フリップゼロ グラビティ WHITEの下側

テンガ フリップゼロ グラビティ WHITEの上側

ホワイトは、ゲルがやわらかく ヒダでやさしく刺激される感じです。

ブラックは、高弾力ゲル

TENGA フリップゼロ グラビティ BLACKの内部の片面をアップしたところ

TENGA フリップゼロ グラビティ BLACK内部その3

ブラックは、ゲルに弾力がありコリコリ刺激される感じです。

締め付けの違い

ホワイトは、包み込むような程よい締めつけ感

テンガ フリップゼロ グラビティ WHITEのプレッシングパッドを押さえているところ

ホワイトは、やわらかい超軟質ゲルのため締め付けはソフトです。

ただ ゆるいって感じではなく、くちびるや舌でやさしく圧迫するような締付けがあります。

管理人
こんどう君

だから、私はホワイトが好き♪

ブラックは、高弾力ゲル

TENGA フリップゼロ グラビティ BLACKを浸かっているところ

ブラックは、高弾力ゲルのため締め付けはハードです。

サオ全体が、360度ギュッ!っと締め付けられる感があります。

刺激感の違い

ホワイトは、ヒダヒダ刺激

tengaフリップゼロ グラビティ ホワイトにサオを当てているところ

ホワイトは、ヒダヒダ刺激がメインです。やさしく、なめらかに絡みつくような刺激です。

ソフトながらも、手や口では決して再現できない細かい刺激がたまりません。

ブラックは、コリコリ刺激

tengaフリップゼロ グラビティ ブラックにサオを当てているところ

ブラックは、コリコリ刺激がメインです。凸凹感あるゲルが、少々乱暴にサオを刺激します。

ローションをたっぷり塗っていないと、亀頭やサオが痛くなるくらい強烈です。
 

動画で見るホワイトとブラックの違い

動画の内容

  • 内部構造の違い
  • ゲルの違い
  • 挿入時の動き

実物の内部を動画で比較しています。

TENGAフリップゼロ グラビティのホワイトとブラックの違いまとめ

ホワイトテンガ フリップゼロ グラビティ WHITEを手に持ったところ ブラックTENGAフリップゼロ グラビティBLACKを手に持ったところ
内部構造 ヒダヒダがメイン 突起物がメイン
ゲル素材 超軟質(やわらか) 高弾力(コリコリ)
締め付け ソフト ハード
刺激感 ヒダヒダ コリコリ
値段 9,350円 9,350円
おすすめ度 5.0 4.0

どっちにしようか?迷ったなら、ホワイトをおすすめします!

やさしく包み込まれながら、ヒダヒダを感じられるのが最高です。

私のおすすめはホワイト

 

ハード刺激が好みならブラック

コメント

タイトルとURLをコピーしました