TENGA Puffy(テンガ パフィー)ラテブラウン使用体験レポ

TENGA Puffy(テンガ パフィー)ラテブラウン アダルトグッズ

ふんわりやさしく包み込むマシュマロ触感というTENGA Puffy(テンガ パフィー)。いったいどんな感じなのか?

  • ラテブラウン
  • ミントグリーン
  • シュガーホワイト

3種類あるTENGA Puffyの中から今回は、ウェーブを網状に交差させ、とろけるような挿入感を実現したラテブラウンを使用してみました。

TENGA Puffyラテブラウンを使った感想を言おう!

TENGA Puffy(テンガ パフィー)ラテブラウンを握っているところ

とろっふわ感 5.0
絡みつき感 4.5
締め付け感 4.5
亀頭の刺激感 4.5
サオの刺激感 4.5
バキューム感
ピストンのしやすさ 5.0
総合評価 4.5

まず、本体が本当にふわっふわ♪握りやすく手によく馴染む。握りやすいから、腕の疲労度も少ない。

強く握ったり、やさしく握ったりしてみたけど、一番よかったのは本体を軽く支えながらピストンするやり方。

本体を軽く支えながらピストンすると、ホール内部の網状に交差するウェーブが、カリ首にやさしくコリコリ絡みついてくるからです。

また、フィニッシュするときにギュッ!と握ってみたら、誰かに握ってもらってるような感じで満足感が高まりました。

マイナス点としては、バキューム発生がないこと。そして、根元から若干ローションが垂れてきやすいことでした。

管理人
管理人

オナホなんだけど、オナホじゃないみたいな不思議な感覚。私は、この感覚が好きです。

TENGA Puffyラテブラウンのメリット・デメリット

  • バキューム発生機能がない
  • 根元から若干ローションが垂れてくる
  • 乾燥に時間がかかる
  • カリ首まわりをやさしくコリコリされる
  • 握りやすく手が疲れない
  • オナホとは思えない自然なデザイン
  • 握る強さでキツくもゆるくもできる
  • 握られているような感覚を体験できる
  • フィニッシュ時の満足度が高い

気になったデメリットは、根元から若干ローションが垂れてくることくらい。

ただ、ローションを少なめに塗布すれば問題解決するので、総合的に見ればTENGA Puffyラテブラウンは、かなり優秀だと思う。

TENGA Puffyラテブラウンの実物を公開

TENGA Puffyラテブラウンが届いたところ

今回は、TENGA公式HPから購入。
中身がバレない梱包&ヤマト宅急便で到着。

TENGA Puffyラテブラウンの外箱を開封したところ

可愛い系のパッケージ。
プレゼントに最適かも。

TENGA Puffyラテブラウンのパッケージ

オナホには見えない。加湿器かマイボトルのようである。

TENGA Puffyラテブラウンの同梱内容

入っていたものがこちら。

  • TENGA Puffy本体
  • 取説
  • ホールローション(10ml)

2回目からはローションがいるので、付属していたローションと同じTENGAホールローションリアルを買っておくことをおすすめします。

TENGA Puffyラテブラウン本体

こちらが、TENGA Puffyのラテブラウン本体

TENGA Puffyラテブラウンを軽く握ったところ

確かに、ふわふわの触感。押せば自然と戻ってくる、低反発クッションみたいな感じです。

TENGA Puffyラテブラウンを強く握ったところ

それほど力を入れなくても、中心部までギュッ!とラクに握れます。

TENGA Puffyラテブラウンの上蓋

本体上部には、洗浄口のキャップがあります。

TENGA Puffyラテブラウンの上蓋を外したところ

本体を洗浄するときは、必ずこの洗浄口キャップを外します。

TENGA Puffyラテブラウンの上部

洗浄口キャップを外すと、挿入口部分まで貫通しているのがわかります。

この構造から、洗浄するときゲルを外すことなくラクに洗い流せます。

TENGA Puffyラテブラウンの挿入口キャップを外したところ

こちらは、挿入口キャップを外したところです。

TENGA Puffyラテブラウンの挿入口

挿入口部分は、肉厚のゲルになっています。

TENGA Puffyラテブラウンの使い方

TENGA Puffyラテブラウンの洗浄口キャップを確認しているところ

まず、本体上部にある洗浄口キャップと本体のマークがピッタリ合っていることを確認。

TENGA Puffyラテブラウンの挿入口キャップを外したところ

続いて、本体底面にある挿入口キャップを外します。

TENGA Puffyラテブラウンのゲル内部と挿入口まわりにローションを塗っているところ

付属のローションをゲル内部と挿入口まわりに塗布します。

TENGA Puffyラテブラウンにサオを挿入するところ

ローションを馴染ませながら、サオを挿入していきます。

TENGA Puffyラテブラウンを上下に動かしているところ

本体を軽く握って上下にピストンすると、内部にある網状に交差させたウェーブの絡みつきを存分に楽しめます。

TENGA Puffyラテブラウンを軽く握ったところ

本体を軽く握れば、適度な締めつけ感を。

TENGA Puffyラテブラウンを強く握ったところ

本体を強く握れば、ギュウギュウの締めつけを楽しめます。

管理人
こんどう君

次は、洗浄方法について説明しましょう!

TENGA Puffyラテブラウンは、洗浄して繰り返し使える!

TENGA Puffyラテブラウンの洗浄口キャップを外したところ

洗浄口キャップを外します。

TENGA Puffyラテブラウンを洗浄しているところ

洗浄口へ水を流し込みながら、指を使って内部を洗浄していきます。

両サイドから指を入れると、ホールの中央部もしっかり洗えます。

TENGA Puffyラテブラウンの洗浄口キャップを洗浄しているところ

洗浄口キャップも水洗いします。

TENGA Puffyラテブラウンの乾燥方法

TENGA Puffyラテブラウンのdryngマークと挿入口キャップ内側マークをあわせているところ

タオル等で水気を拭き取ってから、本体の「DRYING」マークと挿入口キャップ内側マークを合わせて乾燥します。

TENGA Puffyラテブラウンを乾燥しているところ

洗浄口キャップは、本体から外したまま風通しのよい場所で乾燥させます。

動画で見るTENGA Puffyラテブラウン

公式の動画

管理人が実際使ってる映像

動画の内容

  • 0:01 商品概要
  • 0:33 使った感想
  • 2:02 洗浄方法
  • 2:31 乾燥方法

3種類あるTENGA Puffyの特徴と違い

tenga puffyラテブラウンラテ
ブラウン
tenga puffy ミントグリーンミント
グリーン
tengapuffyシュガーホワイトシュガー
ホワイト
感触 とろふわ ぷるふわ つぶふわ
特長 滑らかなウェーブが絡みつく 柔らかなビーズが揺れうごく 細やかなエッジが撫であげる
値段 5,700円 5,700円 5,700円
繰り返し使用

違いは、本体の色と内部構造です。

ラテブラウンの内部構造

ラテブラウンの内部構造

たおやかなウェーブを所々で網状に交差。絡みつくような「とろふわ感」を実現。

⇒ラテブランをAmazonで探す

ミントグリーンの内部構造

ミントグリーンの内部構造

大きなビーズのすき間を埋めるようにマイクロビーズや長いリブを配置。複雑な「ぷるふわ感」を実現。

⇒ミントグリーンをAmazonで探す

シュガーホワイトの内部構造

シュガーホワイトの内部構造

細かなエッジを均一に並べ、中央部を極端に絞り込み。緩急のある「つぶふわ感」を実現。

⇒シュガーホワイトをAmazonで探す

どれか迷ったら、ラテブラウン!

TENGA Puffyラテブラウンのパッケージ

2023年1月9日時点で、Amazonでの評価が一番高かったのがラテブラウン。また、サイト管理人である私自身が実際使ってみて感触がとても良かったのも理由です。

さぁ、TENGA Puffyラテブラウン使って滑らかウェーブのとろとろ感を体験しよう!

TENGA Puffyラテブラウンの箱

正式名称 TENGA Puffy(テンガ パフィー)ラテブラウン
特徴
  • ウェーブを網状に交差
  • ハイグレードスポンジを使用
  • 優しい手触りの本体表面
  • ふんわり包み込むマシュマロ触感
  • 究極のふわふわホール
バキューム
繰り返し使用
ローション 1個付属(TENGAホールローションリアル)
本体の重さ 342g(350ml缶と同じくらい)
値段 5,700円
  • 他人に握られてるような感覚
  • まったり包まれる感覚
  • カリ首まわりをやさしくコリコリされる
  • 締めつけたり緩めたり自由自在
  • ラクにピストンできる
  • 洗浄して繰り返し使える

実際使ってみて、お値段以上の良さを感じました。

TENGA Puffyどうかな?と感じているならGO!です。買って損することはないですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました