SKYNとZONEを比較!7つの違いを掲載&気持ち良いのはどっち判定

SKYNとZONEの比較 コンドーム比較

男女ともに気持ちいいと噂のコンドーム、SKYN(スキン)ZONE(ゾーン)は何が違うのか?

SKYN(スキン)

SKYNのパッケージに貼ってあるステッカー素材がやわらかく、素肌に近い自然な着け心地が最大の特長。

ZONE(ゾーン)

ZONE(ゾーン)のパッケージウラ面のアップ密着性と厚みのあるゼリーにより、装着感が薄れるのが最大の特長。

管理人
こんどう君

ということで、SKYNとZONEについて徹底比較していきます。

SKYNとZONEの比較表

SKYNSKYN ZONEZONE
サイズ M(レギュラー) M(レギュラー)
直径 36mm 33mm
厚さ 約0.06mm 約0.04mm
長さ 約18cm 約19cm
素材 ポリイソプレン ラテックス
ストレート ナチュラルタイプ
ナチュラル ピンク
潤滑剤 普通 激多い
オモテウラの記載 なし 男性側の記載あり
装着時の空気抜き 必要 不要
特徴 素肌のような柔らかさを感じるiR素材を使用 独自開発の新処方ゼリー「ステルスゼリー」をたっぷり塗布
メーカー 不二ラテックス ジェクス
参考価格 10個入:888円 10個入:936円
人気度 5.0 4.5

Amazonコンドーム売れ筋ランキング(2021年8月6日時点)では、SKYNが第1位。

ZONEは第4位という結果でした。

ミーコ
ミーコ

どっちも売れてるのよ。


SKYNとZONEの7つの違い

1つずつ写真を使って違いをお伝えしていきましょう。

違い①:コンドーム素材

SKYNの素材:iR(イソプレンラバー)

skynに空気を入れたところ

SKYNは、やわらかくて伸びがいいiR(イソプレンラバー)製のコンドームです。

iR(イソプレンラバー)は、医療用の手袋や哺乳瓶の口に使われている素材。

この素材は、肌に近いすぐれたフィット感あり。

天然ゴムでないため、ゴム臭なし&ゴムアレルギーのある方でも使用できます。

ZONEの素材:天然ラテックスゴム

ZONE(ゾーン)に空気を入れた写真①

ZONEは、一般的なコンドームに使用されている天然ゴムラテックス製です。

天然ゴムラテックスは、伸縮性に優れている素材。

ピチッとしたフィット感があります。

違い②:潤滑ゼリーの質&量

SKYN:普通量

skynの先端部分

SKYNの潤滑ゼリーは、普通の量です。

濡れにくい女性でなければ、まったく問題ありません。

ZONE:ドたっぷり

ZONE(ゾーン)のステルスゼリー

ZONEは、ステルスゼリーという独自処方のゼリーたっぷりです。

ステルスゼリーの厚みは従来品の2倍。密着性は3倍もあります。

このゼリーによって、ニュルッ♪ニュルッ♪とした快適な挿入が可能。それゆえ、ゴムの装着感が薄れる感覚を得られます。

違い③:オモテウラの記載

SKYN:オモテウラの記載なし

SKYNの個包装を開封した

SKYNの個包装には、オモテウラの記載がありません。

ただ、精液だまりがピョコン!と飛び出してるのでオモテウラの判別は難しくありません。

ZONE:男性側の記載あり

ZONE(ゾーン)の個包装(男性側)

ZONEの個包装には、男性側の記載があります。

男性側は、亀頭に触れる側(ウラ)です。

袋をあける前に男性側がわかるので、オモテウラを間違える心配がありません。

違い④:装着時の空気抜き

SKYN:空気抜きする必要あり

skynのコンドーム本体

SKYNは、一般的なコンドームと一緒で装着するとき先端の空気を抜く必要があります。

とはいえ、精液だまりの部分を指の腹でつまんで亀頭に密着させればOK。

それほど難しいことではありません。

ZONE:空気抜きする必要なし

ZONE(ゾーン)の男性側

ZONEは、精液だまり部分にゼリーが仕込まれているため空気抜き不要で装着できます。

袋からコンドームを取り出したら、オモテウラを確認し亀頭の上に密着。そのまま根元へ転がせばOK!という手軽さです。

違い⑤:厚さ

SKYN:約0.06mm

SKYNの厚さ

マイクロメータではかってみたところ、厚さ0.06mmでした。

普通より少し厚い感じですね。

ZONE:約0.04mm

ZONEの厚さ

マイクロメータではかってみたところ、厚さ0.041mmでした。

一般的な厚さです。

違い⑥:長さ

SKYN:約18cm

skynの長さ

定規ではかってみたところ、約18cmありました。

ちなみに18cmより短くても問題なく装着できます。

ZONE:約19cm

ZONE(ゾーン)の長さ

定規ではかってみたところ、約19cmありました。

ちなみに19cmより短くても問題なく装着できます。

違い⑦:コンドームの色

SKYN:ナチュラルカラー

skynの根元部分

SKYNのコンドーム本体の色は、ナチュラルカラー。

透明感はなく、少し濁った色合いです。

ZONE:ピンク

ZONE(ゾーン)に空気を入れた横面

ZONEのコンドーム本体の色は、ピンク色。

少し紫がかったピンク色ですね。

SKYNとZONE、どっちが二人とも気持ちいいの?

SKYNとZONE

私が使った感覚では、SKYN。

SKYNは、挿入開始から最後まで平均的に気持ちいい

SKYNは素材そのものが柔らかいので、挿入開始から最後まで普通のゴムより摩擦がかかりません。

男性サイドはゴムによる突っ張りを感じないことから、自チンとコンドームが一体になったような感覚。

女性サイドは、摩擦による痛みがないので彼の肉棒を最後まで存分に楽しめます。

ZONEは、挿入時の感覚が圧倒的に気持ちいい

ZONEは、密着性&厚みのあるステルスゼリーのおかげで挿入時ニュルッん♪と入る圧倒的な気持ち良さがあります。

ただ、数分経過するとゼリーの効果が薄れるので短時間プレイにおすすめ。

SKYNとZONEの比較まとめ

  • 使われている素材
  • 潤滑ゼリーの質と量
  • オモテウラの記載
  • 装着時の空気抜き
  • 厚さ
  • 長さ
  • コンドームの色

SKYNとZONEの違いは、上記7つです。

SKYNは、素材がやわらかく、素肌に近い自然な着け心地が最大の特長。

ZONEは、密着性と厚みのあるゼリーにより、装着感が薄れるのが最大の特長です。

⇒SKYNの装着レビューを見る


⇒ZONEの装着レビューを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました